MENU

日焼けのシミを消す薬・サプリで美白|日焼けのシミ徹底改善!

シミ 画像

シミの無い、白く美しいお肌は女性にとって憧れるものですよね。

 

しかし実際は、日焼けによるシミや肝斑、ニキビなどの肌トラブル
抱えてしまっている方が多いのが現実です。
特に日焼けシミに悩む方は多いのではないでしょうか。

 

シミは、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの崩れ、ストレスなど
日焼けの他にも出来てしまう原因はたくさんあります。
日焼け対策をするだけではシミを完全に防ぐことは出来ません

 

日焼けのシミを消す 画像

そんな方にオススメしたいのがシミに効果のある薬やサプリ
シミに効果のある医薬品なら身体の内側からシミを予防・改善
してくれます。化粧水や美容液では届かない皮膚の奥へと
アプローチし、美しいお肌へと導いてくれるのです。

 

当サイトでは、日焼けのシミを消すと口コミで特に人気の薬やサプリを紹介しています。
シミでお悩みの方、効果的にシミ予防をしたい方は、ぜひご覧になってください。

 

日焼けのシミを消す薬・サプリ口コミランキング【最新版】

 
ロスミンローヤル(アインファーマシーズ)
ロスミンローヤルの特徴

L-システインやビタミンC、ビタミンEやB1,2,6などを配合。
シミ予防はもちろん出来てしまった日焼けのシミを消すにも効果的

また、最大の特長でもある「9種の生薬」の作用によって
基礎代謝・血行促進へ働きかけ、日焼けのシミを消す薬では考えられない、
大変優れた美肌作用や健康維持の効果を実感できる。

日本で唯一「シミや小じわに効く医薬品」として認められている
今口コミでもっとも人気の日焼けのシミを消す薬。

価格 8,208円2,052円
口コミ人気 日焼けのシミを消す 評価
備考 期間限定で今なら初回75%OFFキャンペーン中

定期コースなら全国配送料無料+2回目以降も25%OFF
(継続回数:最低1回[初回でも解約できます])

ロスミンローヤルの詳細情報

【商品の仕様】
270錠[30日分]
1日3錠を3回(1日9錠)

【実感できる効果】
<美肌効果>
顔や肌の日焼けのシミを消す,ニキビや小じわ,肝斑やそばかす,肌荒れの改善
<健康維持>
のぼせ,冷え性,手足の冷感,肩こり,腰痛,神経痛,耳鳴りの改善
妊娠中や授乳中、病中病後、肉体疲労時などの栄養補給

【主な有効成分】
アスコルビン酸:180mg
L-システイン:160mg
9種の生薬:ローヤルゼリー,トウキ,ハンゲ,ブクリョウ,
ソウジュツ,ニンジン,シャクヤク,センキュウ,タクシャ,

 

 

 
ミルセリンホワイトNKB(京都薬品ヘルスケア)

ミルセリンホワイトNKB

ミルセリンホワイトNKBの特徴

京都薬品ヘルスケアがつくったシミ・ニキビの治療薬。
ビタミンC製剤としてはトップレベルのL-システイン配合量

シミ予防から分解、排出まで日焼けのシミを消すに必要な
すべての工程をこれ1つでアプローチできる。

システイン特有の匂いを独自のフィルムコーティングで消した
飲みやすさでも好評の日焼けのシミを消す薬。

価格 4,320円2,980円
口コミ人気 日焼けのシミを消す 評価
備考 期間限定で今なら初回30%OFF+全国配送料無料

定期コースなら54%OFF(2回目以降は10%OFF・
継続回数:最低1回[初回でも解約できます])、
支払手数料無料、最短で当日発送

ミルセリンホワイトNKBの詳細情報

【内容】
180錠[30日分]
1日2錠を3回(1日6錠)

【実感できる効果】
<美肌効果>
顔や肌の日焼けのシミを消す,そばかすやニキビ,湿疹,じんましんの改善
かぶれ,くすりまけ,日やけ,かぶれによる色素沈着の改善
<健康維持>
歯ぐきからの出血や鼻血の予防,ビタミンC補給

【主な有効成分】
L-システイン:240mg、アスコルビン酸:1000mg、
ビタミンE:50mg、ビタミンB2:6mg、ビタミンB6:12mg

 

 

 
マスターホワイト(ヴィジョンステイト)

マスターホワイト

マスターホワイトの特徴

一般的な日焼けのシミを消す薬ではありえないほどの、豪華美肌成分を
贅沢配合した、今までに無い発想で作られた美白サプリメント

今注目のアンチエイジング成分「アスタキサンチン」をはじめ、
エラスチンやプロテオグリカン、ヒアロコラーゲンなど豊富な
美肌成分が大きな特長。

アスコルビン酸などシミに有効な成分も含んでおり、日焼けのシミを消すと
美肌ケアが同時にできる、今もっとも口コミで話題のサプリ。

価格 10,800円6,480円
口コミ人気 日焼けのシミを消す 評価
備考 期間限定で今なら初回40%OFF+全国配送料無料

定期コースなら2回目以降も20%OFF
(継続回数:最低1回[初回でも解約できます])

マスターホワイトの詳細情報

【内容】
120錠[30日分]
1日2錠を2回(1日4錠)

【実感できる効果】
<美肌効果>
顔や肌の日焼けのシミを消す,美白へのアプローチ
<健康維持>
特になし

【主な有効成分】
アスコルビン酸:66mg、L-シスチン:240mg、アスタキサンチン:10mg
エラスチン:240mg、プロテオグリカン:12mg、ヒアロコラーゲン:4mg
ビタミンB2,B6,Eなど

 

 

 
シミトール(水橋保寿堂)

シミトール

シミトールの特徴

アスコルビン酸業界最高値2000mg配合した日焼けのシミを消す薬。

高濃度のアスコルビン酸の作用によって、優れた日焼けのシミを消す、
お肌がサビるのを防ぐ、栄養補給などさまざまな効果が期待できる。

コラーゲンの生成をサポートする働きもあるため、
美肌づくりにも効果的な医薬品。

価格 2,700円980円
口コミ人気 日焼けのシミを消す 評価
備考 期間限定で今なら初回64%OFF

定期コースなら全国配送料無料+嬉しい特典付き(継続回数:最低3回)

シミトールの詳細情報

【内容】
180錠[30日分]
1日3錠を2回(1日6錠)

【実感できる効果】
<美肌効果>
顔や肌の日焼けのシミを消す,そばかす,日やけ,かぶれによる色素沈着の改善
<健康維持>
歯茎の出血や鼻血の予防,妊娠中や授乳中、病中病後や
肉体疲労時の栄養補給

【主な有効成分】
アスコルビン酸:2000mg、L-システイン:なし

 

 

 
トランシーノホワイトC(第一三共ヘルスケア)

トランシーノホワイトC 画像

トランシーノホワイトCの特徴

日焼けのシミを消すブランドとして有名な第一三共ヘルスケアの
「トランシーノ」シリーズ最新作

高濃度のアスコルビン酸L-システイン、他にもビタミン類
バランスよく加えた、人気の日焼けのシミを消す薬。

価格 2,808円
口コミ人気 日焼けのシミを消す 評価
備考 今なら全国配送料無料
トランシーノホワイトCの詳細情報

【内容】
180錠[30日分]
1日3錠を2回(1日6錠)

【実感できる効果】
<美肌効果>
顔や肌の日焼けのシミを消す,そばかす,日やけ・かぶれによる色素沈着の改善
<健康維持>
歯茎の出血や鼻血の予防,妊娠中や授乳中、病中病後や
肉体疲労時の栄養補給

【主な有効成分】
L-システイン:240mg、アスコルビン酸:1000mg
ビタミンE:50mg、ビタミンB2:6mg、ビタミンB6:12mg

 

 

 
ハイチオールCプラス(エスエス製薬)

ハイチオールCプラス 画像

ハイチオールCプラスの特徴

全国の薬局でもおなじみの日焼けのシミを消す薬。
二日酔い防止にも効果的で、健康維持にもおすすめ。

アスコルビン酸とL-システイン、パントテン酸などを
バランスよく配合した商品。

価格 4,200円1,865円
口コミ人気 日焼けのシミを消す 評価
備考 期間限定で今なら56%OFF
ハイチオールCプラスの詳細情報

【内容】
180錠[30日分]
1日3錠を2回(1日6錠)

【実感できる効果】
<美肌効果>
顔や肌の日焼けのシミを消す,そばかす,日やけなどの色素沈着改善
ニキビ,湿疹,じんましん,かぶれ,くすりまけ

<健康維持>
二日酔いの予防,全身倦怠の改善

【主な有効成分】
アスコルビン酸:500mg、L-システイン:240mg、パントテン酸:24mg

 

 

 
キミエホワイト(富山常備薬グループ)

キミエホワイト 画像

キミエホワイトの特徴

「母親の日焼けのシミを消すのために作った飲み薬」というキャッチ
フレーズで有名な日焼けのシミを消す薬。

顔だけじゃなく、腕や背中など身体中のシミにアプローチできる。
優秀な日焼けのシミを消す成分を配合した人気商品。

価格 4,104円
口コミ人気 日焼けのシミを消す 評価
備考 定期コースなら最大32%OFF+全国配送料無料

(継続回数:最低1回[初回でも解約できます])

キミエホワイトの詳細情報

【内容】
180錠[30日分]
1日3錠を2回(1日6錠)

【実感できる効果】
<美肌効果>
顔や肌のシミ,そばかすの改善、
日やけ,かぶれによる色素沈着の緩和
<健康維持>
歯茎の出血や鼻血の予防,妊娠中や授乳中、病中病後や
肉体疲労時の栄養補給

【主な有効成分】
アスコルビン酸:500mg、L-システイン:160mg
ビタミンB2:12mg、ニコチン酸アミド:60mg

 

 

 
インナーロックSX(ポーラ)

ホワイトショット インナーロックSX 画像

インナーロックSXの特徴

ポーラの美白ブランド「ホワイトショット」から生まれた
独自成分配合のインナーケア専用サプリ。

ブランノール(R)という新発想の特許成分をメインとして、
アスコルビン酸などの日焼けのシミを消す成分も配合したこだわりの逸品。

価格 6,480円
口コミ人気 日焼けのシミを消す 評価
備考 今なら全国配送料無料
インナーロックSXの詳細情報

【内容】
60錠[30日分]
1日2粒

【実感できる効果】
<美肌効果>
顔や肌の日焼けのシミを消す,美白をサポート

<健康維持>
特になし

【主な有効成分】
ブランノール(R):190mg、アスコルビン酸:45mg、ビタミンE:4.5mg

 

 

 
ピュアホワイトW(資生堂)

ピュアホワイトW 画像

ピュアホワイトWの特徴

遥か昔から美白成分として知られる「クコの実」
ギュッと抽出したエキスをたっぷり配合。

高濃度のアスコルビン酸も併せて、効果的な日焼けのシミを消すや
美肌作用が期待できる口コミでも評判の美白サプリ。

価格 4,000円3,333円
口コミ人気 日焼けのシミを消す 評価
備考 期間限定で今なら17%OFF
ピュアホワイトWの詳細情報

【内容】
270錠[30日分]
1日3錠を3回(1日9錠)

【実感できる効果】
<美肌効果>
顔や肌の日焼けのシミを消す,美白のサポート

<健康維持>
特になし

【主な有効成分】
クコの実:1500mg、アスコルビン酸:1000mg
アスタキサンチン:1mg、ハトムギ:25mg

 

このサイトに掲載している日焼けのシミを消す薬・サプリランキングは、
各製品の販売総数やリピート率をはじめ、楽天やYahoo!ビューティ,
@コスメなどのランキングや口コミ評価を元に付けられています。

 


日焼けのシミを消す薬ランキングの一覧まとめ

今回ご紹介した日焼けのシミを消す薬・サプリランキングを、
一覧で比較すると次のようになります。

 

※拡大で表示可能(クリック)
日焼けのシミを消す ランキング 画像
表示価格:すべて税込となっています
美容効果:肝斑やニキビ・しわ・肌荒れの改善等日焼けのシミを消す以外の美肌作用
健康維持:基礎代謝アップによる更年期障害の改善,栄養補給,疲労回復等

 

 

今、一番人気の日焼けのシミを消す薬はアインファーマシーズから販売されている
ロスミンローヤルです。

 

 ロスミンローヤル 画像

 

ロスミンローヤルは、アスコルビン酸やL-システインに加えて、
ビタミンB1,2,6,12と、日焼けのシミを消すに有効な成分をバランスよく配合しており
顔の日焼けのシミを消すに大変優秀な作用が期待できます。

 

また、この商品が「日本で唯一のシミや小じわに効く医薬品」と呼ばれる
最大の特長でもある「9種の生薬」の作用によって、
他の日焼けのシミを消す薬には無い角度から、シミへアプローチすることができます。

 

生薬の作用によって、新陳代謝を上げて血行を改善する働きがあり、
お肌のターンオーバーを促進。一般的な日焼けのシミを消す薬では実感しにくい
「出来てしまったシミ」にも優れた効果が期待できます。

 

 ロスミンローヤル 画像

 

さらに、生薬の血行促進作用は日焼けのシミを消す以外にも、幅広い美肌効果をもたらし、
肝斑やニキビなどの肌トラブルをはじめ、小じわやくすみなども
効果的に改善できるようになっています。

 

また、血行を改善することで、手足や腰部の冷感などにも効き、
冷え性の改善にも優れた効果があります。

 

その他、腰痛や肩こり、のぼせや目まい、耳鳴りなどの
更年期障害の症状を緩和する作用もあるため、日焼けのシミを消すはもちろん、
美容と健康維持の両面で幅広い効果が期待できる医薬品です。

 

 

顔や肌の日焼けのシミを消すを効果的にしたい方、日焼けのシミを消す薬をお探しの方は、
ロスミンローヤルを一度ぜひお試しになってください。

 

 

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルは本当に効く?口コミレビューお届けします!

ロスミンローヤル 画像

 

このページでは、女性用保険薬「ロスミンローヤル」の
口コミ体験レビューをご紹介しています。

 

 

レビューをしている私について

 

ロスミンローヤル 画像

 

私は現在42歳。都内で経理の仕事をしています。ちなみに独身です。
この仕事は長く、もう10年以上務めています。

 

私の悩みはシミとしわ。40代以降の方なら誰もがもつ悩みだと思いますが
私の場合、若い頃は、夏は海、冬はスキーにいきと、日焼けし放題でした。

 

若気の至りで、日焼け止めなんて適当で、
日焼けしても、今のようにシートパックする習慣がなかったので、
赤みが引くのを何もせずに待っていたりと、肌に対して無頓着でした。

 

その仕打ちはしっかりと30代をすぎてからじわじわと現れ、
いまでは目の下にシミ、口元にはほうれい線がしっかりと出ています。

 

さすがに焦り、30代からはしっかりとスキンケアをしています。
百貨店の一階のコスメカウンターに行ってカウンセリングを受け、
値段はしますが、一通り美白やエイジングケアを揃えています。

 

が、しかし!近ごろ、スキンケアの実感がしにくくなってきたのです。

 

始めの頃は、スキンケアをすれば、肌に透明感を感じたり、
口元もふっくらとした弾力がでている実感が持ててたのですが、
40代に入った頃から、肌がどんよりとしているし、
しわが深くなっている気がして、夕方にはかなりくすんでます。

 

近ごろは疲れもでやすく、だんだん体力も低下も感じてきて、
これはもうスキンケアでは限界?と思い、体の中から、
シミやしわをキレイにしてくれるサプリメントを探そうと思ったのです。

 

 

ロスミンローヤルを選んだ理由は?

 

ロスミンローヤル 画像

 

実は以前、シミが気になり美容皮膚科に行ったことがあります。
そこで内服薬として処方されたのが、シナール(ビタミンC)と
トラネキサム酸(アミノ酸の一種)でした。

 

実際に飲み続けた結果、効果なし、っという状態でした。
なので内服薬やサプリメントでのシミ対策は、大した効果は得られないと
期待はしていなかったのですが、スキンケアの実感ができなくなった今、
やはりサプリメントに頼るほかありませんでした

 

勝手な印象で、CMでよく聞くハイチオールCなどでは
皮膚科でもらったものと結果が変わらないのでは?と思ったので、
ネットで口コミがとにかく良いものを、と思い探し
出会ったのがロスミンローヤルだったのです。

 

ロスミンローヤルは、ネットでの口コミやレビューがとても良く、
気になっていたシミが改善されたり、肌に透明感がでたなど評判でした。

 

ロスミンローヤル 画像

 

しかも一番魅力的だったのは、国内で唯一、シミだけじゃなく、
しわの両方に効く医薬品だったということです!

 

これすごいことですよね!国内で唯一のものだなんて、聞いただけで
ワクワクします。私の2大悩みをがこれで解決できたら・・・と思い、
購入することにしました!

 

 

ロスミンローヤルを購入しました!

 

ロスミンローヤル 画像

 

私はロスミンローヤルをネット通販で注文しました!
ドラッグストアなどには売ってないようで、どうやら販売店はなく
公式のオンラインショップでのみ手に入るようです。

 

注文時、嬉しかったことがあります!

 

ロスミンローヤル 画像

 

それは、ロスミンローヤルは、通常は7,600円するのですが、
初回限定で、なんと\1,900円/で購入することができたのです。
75%OFFってことになるのですが、すごい値引きですよね。

 

あまりの安さに、大丈夫?と一瞬不安がよぎりましたが、値段の横に、
累計30万個突破、と書いてあったのでこれを記念したものかもしれません。
ちなみに送料は700円かかります。

 

何にせよ、初めて試すには嬉しすぎる価格ですので、
迷わずに購入することができました。

 

 

ロスミンローヤルが届きました!

 

待ちに待ったロスミンローヤル。仕事が終わり帰宅すると
宅配ボックスに入っておりました♪

 

ロスミンローヤル 画像

 

中を開けると、ピンクのキラキラした箱に入ったロスミンローヤルが!

 

なぜか箱の作りに目がいってしまったのですが、ロスミンローヤルが3箱、
中に入れられうような配送箱になっていました。

 

これってつまり、3箱まとめて買う人がいるってことですよね?
それほどリピートする人がいると思うと、期待値があがりました(笑)

 

ロスミンローヤル 画像

 

そしてロスミンローヤルと一緒に、メッセージカード、説明書などが
入っていたのですが、そこに嬉しいプレゼントが入っていました!

 

ロスミンローヤル 画像

 

「ロスミンリペアクリーム」という、小じわ対策のクリームの
サンプルパウチが3包はいっていたんです!予期せぬプレゼントって
嬉しいですよね!しかも小じわ用だなんて私にぴったり!

 

どうやらこれは、ロスミンローヤルと合わせて使うと美肌効果が高く
100%天然由来成分で、目元・口元・首筋などに使えるようです!
この効果についても、使ってみた感想として後半でレビューしますね。

 

 

ロスミンローヤルの成分について

 

ロスミンローヤル 画像

 

肝心のロスミンローヤルの成分についてです。

 

国内で唯一、シミにも小じわにも効く医薬品となれば、
成分についてはしっかりとチェックしたいところですよね。

 

ロスミンローヤル 画像

 

有効成分をピックアップすると・・・

 

 

ロスミンローヤル 画像

 

・アスコルビン酸(ビタミンC)
・L-システイン
・ビタミンB1、B2
・ビタミンE
・ビタミンB6
・ビタミンB12

 

どれも代表的な美肌成分ですが、他の市販薬にも配合されてますよね。

 

ロスミンローヤルはこれらに加え、9種類の生薬成分が入っているのです!
ここが他と違うところです。ご紹介しますね。

 

 

ロスミンローヤル 画像

 

・トウキ(血液循環を良くする)
・ブクリョウ(消化機能を高める)
・シャクヤク(血管の働きを良くする)
・ハンゲ(冷え性の改善をする)
・ソウジュツ(水分代謝の活性化をする)
・タクシャ(不要な水分を排出する)
・ニンジン(疲労回復&新陳代謝の促進をする)
・センキュウ(血行を促進する)
・ローヤルゼリー(新陳代謝を促進する)

 

 

血行不良をおこすと、体が不調を起こすことはもちろん、
悩みであるシミやしわに大きく影響するんだそう。

 

ロスミンローヤルは、悩みを根本解決するために
この生薬を配合しているみたいです!

 

この生薬は、冷え性や肩こりの改善に働くのはもちろんのこと、
女性特有の、のぼせ・めまい・耳鳴りなどにもいいと、説明書にありました。
つまり<更年期にもいい>ということなんですよね。

 

まだ自覚はないものの、40代という年齢を考えれば、他人事ではありません。
なんだか、シミとしわの悩み以上に体質改善まで期待できちゃいますよね。

 

 

ロスミンローヤルを飲んでみました!

 

ロスミンローヤル 画像

 

ではでは、早速の効果はいかほどに・・・。

 

中身は、薄いオレンジ色の錠剤です。

 

ロスミンローヤル 画像

 

粒の周りがコーティングされているタイプなので、喉につっかえにくいです。
飲んだとき、コーティング特有の甘みがありますが、さほど気になりません。
臭いも無。生薬配合なので漢方薬臭を覚悟していましたが、大丈夫でした。

 

ロスミンローヤル 画像

 

1回3錠、1日3回
これがロスミンローヤルの飲み方なのですが、正直めんどくさいです。

 

朝や仕事でバタバタしている時は、飲み忘れちゃいそう(笑)
1日1回にまとめて飲んじゃいたくなります。そんな飲み方ダメですけどね。

 

でもせっかく購入したし、怠けた者に結果はでないと思い、
朝の分は夜のうちに出しとくなどして、飲み忘れ防止を図りました。

 

 

ロスミンローヤルの効果について

 

ロスミンローヤル 画像

 

飲み忘れないように注意しながら、ロスミンローヤル生活をはじめ、
そろそろ1ヶ月が経過しそうなので、ここで効果を検証したいと思います!

 

シミへの効果

 

私のシミは目の下にあります。 ※ちなみにそばかすはありません。

 

もしかしたら肝斑なのかもしれませんが、
じんわ〜りとしたモヤっとしたシミが気になっています。

 

飲む前と後で写真をとって比べてみましたが、
なんだか、すこし薄くなってきてますよね??

 

ロスミンローヤル 画像

 

ロスミンローヤル 画像

 

鏡を見る限りでは、薄くなった!という実感までは得られませんでしたが、
少しですが効いているのかも。効果なしということはありません。
でもまだまだシミは目立つので、もっと効果がほしいところです。

 

しわへの効果

 

これは正直分かりませんでした。だって、しわですもん(笑)
特に目元は乾燥してくれば目立つし、潤っていると目立たなくなるし。

 

ひとつ、確信は得られませんが良い兆しとして、
いつも夕方になると法令線が目立つのですが、ここ最近は前ほどは
目立たないように思います

 

ロスミンローヤルのお陰なのかは分かりませんが、今のところ
スキンケアは変えていないので、この効果かな、と思っています。

 

 

その他の効果について

 

ロスミンローヤル 画像

 

成分のお話の時、血行不良、冷え性など、体質改善への効果が
あると触れましたが、この1ヶ月、一番効果を感じたのは体調です。

 

ロスミンローヤルを飲む前は、疲れやすさが気になっていたのですが、
前より体が軽い感じがしています。それは朝の寝起きに分かりました。

 

いつもなら、仕事に行く準備をしなくてはいけないのですが、
だるくて、なかなかベッドから起きられず、起きても肩や腰が痛く
まるで、おばあちゃんのようでした。

 

でも、ここ最近は眠いものの、そうしたドヨ〜ンとした重たい感じが
ないのです。ちょっと元気になっている自分が嬉しいです!

 

あと、胃もたれしにくくなりました。
これまた、おばあちゃんのようですが、外食や脂っこいものを食べると
胃もたれするようになっていたのですが、食べた後も、
翌朝も、不快感を感じにくくなっている気がします。

 

 

最後に

 

ロスミンローヤル 画像

 

この1ヶ月は、肌への効果、というよりも体質への変化がありました。
私の体がボロボロだったせいか、先にそちらから回復したのかな、
なんて自分では結論づけています。

 

一緒についていた説明書には、肌のダーンオーバーの28日を目安に、
効果の実感がある、というようなことが書いてあったのですが、
年齢とともにターンオーバーは遅くなるらしいので、それを考えたら、
まだ続けないと、本当の効果は現れないのかもしれないですね。

 

ネットの口コミをよく見かえしてみても、シミだけじゃなくて、
肝斑やそばかすに悩んでいる人も、3ヶ月続けたら効果を実感した
人が多くいらっしゃったので、私もそうなのかもしれません。

 

でも総じて、私の場合、副作用もなく飲み続けられ、結果として
肌にも明るさが実感できたり、体調も良い実感が現れていると思ったら、
体に合っている気がします!皮膚科でもらった薬より私にはよかったかも。

 

そろそろロスミンローヤルがなくなるので、購入を考えているのですが、
普通に買うと7,600円なんですが、定期にすると5,800円になるみたい!

 

この2,500円の割引は惹かれますよね・・・。

 

心のなかで三ヶ月は続けるべきかな、と思ったので、
素直に定期購入にしようと思います。解約もいつでもできそうですし。

 

これでもし本当に実感がでたら、父にプレゼントしたいと密かに思ってます!
男性も年齢でシミがでてくると思いますが、うちの父が気にしていて・・・。
でもシミのクリームとかってなかなか塗ってくれないですし、
ロスミンローヤルなら体調も整えてくれるし、一石二鳥かなと。

 

 

おまけ ロスミンリペアクリームのレビュー

 

ロスミンローヤル 画像

 

ロスミンローヤルと一緒に、サンプルで入っていた
ロスミンリペアクリームの口コミレビューをしたいと思います!

 

たぶん、全体にもつかえるクリームだと思いますが、
説明書きをみると、目元、口元、おでこなど、部分使い用で、
普段のスキンケアにプラスするだけでいいそうです!

 

クリーム自体はやわらかく、なじみがいいものでした。
普段使っているアイクリームよりも伸びがいいです。

 

でもその伸びの良さとはうらはらに、結構、しっとーりした感じに。
私は嫌いじゃないですが、量を加減しないと、朝に使うとメイクが
寄れちゃうかもしれません。

 

そして効果としては、なかなかいいかも。

 

しわに対して、ピーンと引っ張ったようなハリを出してくれるものではなく
あくまでもコンセプトどおり、潤いで小じわをケアするというだけあり、
ふっくらツヤツヤとして目立ちにくくなります。

 

急いで買うまではいきませんが、私の欲しい化粧品リストには入りました。

 

ちなみに、ロスミンローヤルを3箱定期購入すると、
このロスミンリペアクリームが一本特別無料で届くみたいです。
※この場合、3ヶ月毎のお届け

 

どうせロスミンローヤルを続けるのなら、その方がお得ですよね。
まだ検討中ですが、3箱コースにしちゃうかもしれません。

 

 

以上、ロスミンローヤルを飲んでみた、私の体験レビューでした!

 

 

ロスミンローヤルについての詳しくは、こちらの公式サイトからどうぞ。

 

 

ロスミンローヤル

 

⇒ ページのTOPへ戻る


紫外線とシミの関係性って?やっぱりシミは紫外線が原因なの?

日焼けのシミを消す 画像

 

お肌のケアを考えた時に、気になってくるのが紫外線です。

 

昔は若い時は少しぐらい焼いても…という風潮がありましたが、
若い頃に浴びた紫外線の影響で、年齢を重ねるうちにシミに
なってくるともいわれていますので、季節を問わず紫外線
対策をされている方も多いと思います。

 

それに紫外線=夏という概念もなくなってきていますので、
季節を問わず紫外線ケアをするのが当たり前になってきている
のかもしれません。

 

多くの女性が紫外線と戦っているのは、紫外線がシミの原因
といわれているだけでなく、シワなどのアンチエイジング
全体に影響してくるからです。

 

では、紫外線が具体的にお肌にどんな影響を及ぼすのでしょうか。

 

こちらでは紫外線とシミの関係性とシミがあらわれるまで
ご紹介したいと思います。

 

 

どうしてシミがあらわれるのか

 

日焼けのシミを消す 画像

 

ひとくちに肌といっても実は何層にも分かれています。

 

皮膚の外側にある表皮、そして内側にある真皮におおよそ
わけられますが、この表皮はまた4層に分かれています。

 

その最奥にある2つの層、メラノサイトとケラチノサイトのうち、
一番下にあるメラノサイトとシミが大きく関係してるんです。

 

わたしたちが紫外線を浴びると、このメラノサイトには
メラニン色素を作る!というサインが送られます。

 

どんどん肌の細胞に蓄積されていくメラニン色素は、細胞が
メラニン色素で満たされると、ケラチノサイトへと送られます。

 

これがすぐにシミになるのかというと、そうではありません。

 

この細胞の受け渡しは、細胞の核を紫外線の影響から守って
くれる働きをもっているからです。

 

メラニン色素=シミの原因!と思っている方もいるかと
思いますが、実は肌の細胞を守る働きをもっているんです。

 

通常であれば、肌のターンオーバーによって、メラニン色素は
垢として体外へ排出されるので、シミになることはありません。

 

しかし、強烈な紫外線を浴びたり、長い時間に渡って紫外線を
浴び続けたりすうることで、通常以上のメラニン色素が体内で
生成されてしまいます。

 

また、肌のターンオーバーは年齢や毎日に生活習慣によって
乱れがちになりますので、メラニン色素がうまく体外へ排出
されることなく、体内に蓄積されてしまいます。

 

これが所謂、色素沈着…シミなんですね。

 

ターンオーバーとメラニン色素の生成が上手くかみ合わない
ことでシミになってしまうんです。

 

シミをつくらないために一番大切なのは紫外線を浴びない!
ということにつきるのかもしれません。

 

シミ対策としては、まず紫外線を浴びないことを
心掛けましょう。

 

 

紫外線て一体なんですか?

 

日焼けのシミを消す 画像

 

紫外線は日光を浴びることで影響を受けてしまうといわれて
いますが、実は紫外線には影響力が強い順番に
UV-A→UV-B→UV-C
といった3つの種類があるんです。

 

一番弱いUV-Cはわたしたちまで届きませんので、特に気にする
必要はありません。

 

この中で気にしなくてはいけないのがUV-AとUV-Bです。

 

どちらもシミの原因になりますが、UV-Bは浴びることで皮膚を
赤くしてしまいますし、UV-Aにいたっては影響力が一番強い
ということもあって、わたしたちの肌の最下層まで届き、
シミの原因になるどころか、細胞を傷つけてしまいます

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

実はホルモンバランスの乱れとシミは大きく関係しています

 

日焼けのシミを消す 画像

 

紫外線対策もシミケアもしてるつもりなのに、
いつの間にかあらわれるシミ。

 

見つけた時には本当にショックですよね。

 

一体どうしたらシミを撃退することができるのでしょうか。

 

そのために必要なのがシミがどうしてあらわれるのかという
原因を知って、対策をすることです。

 

シミがあらわれる一番の原因とされているのが紫外線ですが、
実はホルモンバランスの乱れによってもシミになってしまう
ということなんです。

 

実は紫外線が原因のシミとホルモンバランスの乱れからくる
シミはケアの仕方も対策も全く違ってくるんです。

 

紫外線対策は広く知られていますが、こちらでは
ホルモンバランスの乱れが原因のシミの特徴とその対処方法
をご紹介していきたいと思います。

 

 

肝斑って治療方法はあるの?

 

日焼けのシミを消す 画像

 

肝斑の場合、紫外線が原因のシミのケア方法とは違い
トラネキサム酸をはじめとした成分が有効だと
いわれています。

 

肝斑はホルモンバランスの乱れが原因になっていますから、
シミを気にし過ぎてしまうことによるストレスからも
シミがあらわれてしまうことがあるので、あまり気にしすぎる
のもよくありません。

 

肝斑を予防するために大切なのは、やはり乱れてしまった
ホルモンバランスを改善することです。

 

そのために生活習慣や食生活を見直しましょう。

 

体を冷やすこともホルモンバランスの乱れに繋がりますので
服装などにも注意が必要です。

 

もし、どうしても肝斑が気になって仕方ないという場合は、
専門医を受診してみることもおすすめします。

 

しかし、自分のシミはホルモンが原因だからと紫外線対策
をしなくてもいいというわけではありません。

 

 

肝斑はホルモンバランスの乱れからおこる

 

日焼けのシミを消す 画像

 

シミにはいくつかの種類があり、ホルモンバランスの乱れが
原因であらわれるシミのことを肝斑といいます。

 

肝斑は紫外線が原因のシミとは大きく異なる特徴があります。

 

肝斑かどうかの判断としては、左右の頬に対象的に大きく
広がるシミです。

 

目の周りというよりは、頬骨に沿って広くあらわれますので、
顔のくすみを感じた際には、肝斑を疑ってみてください。

 

年代的には30代以降の女性に最も多いといわれており、
閉経を境に肝斑は薄くなっていくことから、女性ホルモン
と大きく関係していることがわかります。

 

妊娠や出産など女性ホルモンのバランスが乱れる際にも
シミがあらわれることがありますので、ホルモンバランス
の乱れには十分注意が必要です。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

年齢を問わず大切な日焼けのシミへの対策

日焼けのシミを消す 画像

 

シミは年齢を重ねると共に肌にあらわれてきます。

 

シミがあるというだけで、どこか老けて見えてしまったり、
顔がくすんで見えてしまいます。

 

シミケアというと、シミがあらわれてきてからの対策に
なってしまいますが、一番大切なのはシミを作らないことです。

 

若い時は日焼けをしても大丈夫と思っていても、肌の奥に
蓄積されたメラニン色素は何も対策をしなければ、どんどん
シミになってしまいます。

 

日焼けのシミは早くから予防と対策をおこないましょう。

 

日焼けのシミを消すための方法は多くありますが、今回
ご紹介する2つは、シミ以外にもアンチエイジングや
体の健康を保つ効果が期待できますので、一度実践して
みましょう。

 

 

睡眠が日焼けのシミを消す!?

 

日焼けのシミを消す 画像

 

メラニン色素と肌のターンオーバーは密接な関係にあります。

 

肌のターンオーバーが正常な間はメラニン色素はシミになる
ことなく、垢として剥がれ落ちますが、生活習慣の乱れなど
からターンオーバーが崩れていまうと、途端にシミになって
しまいます。

 

ここで重要なのが睡眠です。

 

お肌のゴールデンタイムはご存知ですか?

 

このお肌のゴールデンタイムといわれる22時から2時の間に
熟睡していることで、体の疲労回復や細胞の修復、そして
成長ホルモンが分泌されます。

 

この働きはしっかりと眠っていないと行われませんので、
肌のターンオーバーを正常に保ち、日焼けのシミを消すため
にも、良質な睡眠を心掛けましょう。

 

 

絶対に紫外線対策はしてください

 

日焼けのシミを消す 画像

 

シミの一番の原因は紫外線だといわれています。

 

その他にも年齢やホルモンバランスの乱れなどもいわれて
いますが、日焼けのシミを消すには紫外線対策が一番です。

 

シミの原因になる紫外線は夏だけ注意しているという方も
いるかもしれませんが、わたしたち季節を問わず紫外線を
浴びています。

 

冬だからといって、日焼け止めを使わないということが
ないようにしましょう。

 

この日焼け止め選びにも注意が必要です。

 

お手元の日焼け止めを見ていただくとPA、SPFといった
言葉が書いてあるかと思います。

 

この言葉の後に続く数字が大きかったり、+が多くついて
いるものを選べば問題ないと思いますよね。

 

たしかに、紫外線にはさまざまな種類がありますから、
数字や+は紫外線予防に関係してきますが、紫外線が
あまり強くない時期に数字が大きいものを使ってしまうと、
肌に大変な負担がかかってしまうんです。

 

日焼け止めを選ぶ際には、季節やご自分のライフスタイルを
よく考え、自分に合ったものを選びましょう。

 

肌に負担がかかってしまうというのは、肌が刺激を受ける
ことになりますので、それだけでもメラニン色素は過剰に
生成されてしまいます。

 

紫外線ケアには肌への労りも大切なんですね。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

日焼けのシミを消す効果が高いビタミンC

 

日焼けのシミを消す 画像

 

お肌にいいものは?と聞かれた時にビタミンCと答える方は
多いかと思います。

 

昔から美肌のためにはビタミンCを摂取することが良いと
いわれてきましたから、フルーツなどから積極的に補給
している方もいるかと思います。

 

この美肌の大敵となっているのがシミです。

 

紫外線対策をしているつもりなのに、いつの間にか
顔にシミがあらわれたりすると、本当に絶望的な
気分になってしまいます。

 

シミ対策のために美白用化粧品を使用したりしますが、
実は毎日の食事からもシミ対策をすることが出来ます。

 

それがビタミンCなんですね。

 

そこで、お肌に働きかけてくれるというビタミンCの
もつシミへの効果などを検証してみたいと思います。

 

日焼けのシミを消すための対策として、体の内側から
のケアにも挑戦してみましょう。

 

 

食生活の中にビタミンCを取り入れてみる

 

日焼けのシミを消す 画像

 

シミ対策というと外側からのケアが一般的にですが、
ビタミンCの場合は食べ物から摂取することが可能ですので、
ビタミンCを含有している食べ物を毎日の食事の中に
取り入れてみましょう。

 

一番身近なものとしては果物があげられますし、ビタミンC
の含有量を多めにしたドリンク剤を飲んでもいいと思います。

 

しかし、果物の場合は毎日購入する手間もありますし、
あまりにまとめ買いしてしまうと味に飽きてしまうといった
心配もあります。

 

ドリンク剤の場合はコスト面でも高くなってしまいます。

 

そこで注目したいのが、ビタミン類を配合したサプリメントです。

 

日本人のビタミンC摂取量はあまり高いとはいえず大体100mg/日
といわれていますが、推奨摂取量はなんと15倍の1,500mg/日なんです。

 

ビタミンC含有量が多いと思われているレモン果汁からでも50mg
しか摂取できないことを考えると、毎日の食事から推奨摂取量を
補給するのは難しいといえるのではないでしょうか。

 

しかし、サプリメントであれば商品によってビタミンCの配合量が
わかりますから、自分の食生活に合わせて選ぶことができますし、
手軽に飲むことが出来ますから、継続しやすいという利点が
あると思います。

 

ビタミンCは日焼けのシミを消す効果だけでなく、健康にも
有効作用してくれますので、積極的に補給していきましょう。

 

 

メラニン色素の動きを抑えてくれるのがビタミンC

 

日焼けのシミを消す 画像

 

ビタミンCには、生活習慣の乱れやストレスなどが原因の
体内のサビ・活性酸素を予防したり除去してくれることや、
皮膚を健康に保ったり、修復してくれること、そして
メラニン色素の生成を抑制してくれるという効果が期待できます。

 

シミの原因のひとつとして考えられているのが、肌の奥で
過剰に生成されてしまったメラニン色素と、お肌のターンオーバー
のバランスが崩れてしまうことがあります。

 

そうなんです。

 

メラニンの生成を抑制することができれば、シミはあらわれることが
ないんです。

 

だからこそ、日焼けのシミを消すためにビタミンCは有効なんですね。

 

また、ビタミンCは日焼けのシミを消すだけでなく、肌を美しい
美白にする働きも持っています。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

美肌のために有効な化粧品を選んで日焼けのシミを消す

日焼けのシミを消す 画像

 

女性の悩みの上位に上げられるのがシミです。

 

若いころはさほど気にならなかったシミも、年齢と共に
徐々に目立ってきてしまいます。

 

紫外線対策はしてきたつもりなのにどうして?

 

ここ数年で、シミをケアしてくれるコスメが多数販売
されており、中には人気の商品もあるのですが、化粧水・
乳液・クリーム・美容液・パックと一体どれを選んだら
いいのか困ってしまいます。

 

そこで、これらのシミをケアしてくれる化粧品から期待
できる効果や、日焼けのシミを消す効果のある成分などを
ご紹介していきますので、商品選びの参考にしてみてください。

 

 

重要なのは保湿

 

日焼けのシミを消す 画像

 

シミの原因というと紫外線をイメージしますが、実はお肌の
ターンオーバーが乱れてしまうこともシミの原因なんです。

 

お肌のターンオーバーは乾燥などによっても乱れてしまいます
ので、シミを解消するために美白成分だけを補給するのではなく、
しっかり保湿し、お肌の潤いをキープしましょう。

 

 

美白成分が日焼けのシミを消すうえでとても重要

 

日焼けのシミを消す 画像

 

シミは皮膚が紫外線の影響をうけたからといって、即
あらわれるものではありません。

 

シミは肌の奥でメラニン色素が生成されることであらわれます。

 

お肌のターンオーバーが正常であれば、メラニン色素は体外へ
と自然に排出されるのですが、メラニン色素の生成にお肌の
ターンオーバーが追いつかなくなると、色素沈着…つまり
シミになってしまうんです。

 

日焼けのシミを消す化粧品を選ぶ際に重要なのが、配合されて
いる成分が、どのようにメラニン色素に働きかけてくれるのか
ということです。

 

日焼けのシミを消す化粧品のほとんどに配合されているのが
美白成分なのですが、期待出来る効果として2つあるのは
ご存知でしょうか。

 

@今現在あるシミを薄くするメラニン還元作用

 

Aメラニン色素を抑制するメラニン生成抑制作用

 

美白成分とよばれる成分はたくさんありますので
上記の作用どちらが自分が求めているものなのか
を考えて化粧品を選びましょう。

 

では、予防も解消も両方兼ね揃えた成分はないのでしょうか?

 

それがビタミンC誘導体です。

 

今悩まされているシミを薄くしたい場合も、これからの
シミ予備軍も予防したい場合、どちらの対策も出来る
ビタミンC誘導体が配合された化粧品を選ぶと良いのでは
ないでしょうか。

 

 

また、化粧品を選ぶ際には自分の肌に合ったものを選ぶ
ことや、継続して使い続けることが出来る価格ということも
大切です。

 

日焼けのシミを消す化粧品はたくさん販売されていますから、
安心して使い続けることが可能な価格、成分のものを
見つけてください。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

日焼けのシミを消す効果が期待出来る栄養素

 

日焼けのシミを消す 画像

 

シミというと、これまでは女性特有の悩みだと思われて
きましたが、最近では男性でもシミに悩む方が増えて
きている
ようです。

 

これは、いつまでも若々しくありたい!と考える方が
男女問わず多くなってきているからといえるでしょう。

 

たしかに、顔にシミがあると老けてみられてしまい、
逆にシミのない美しい肌は、もちろんくすみもありません
ので、明るく実年齢よりも若く見られます

 

だからこそ、なんとしてでもシミを防ぎたいと思うのですが、
年齢を重ねるほどにシミは増えてしまいますから、日焼けのシミ
を消す対策をとっているつもりでも、また新しいシミが…
とシミの予防は困難を極めます。

 

日焼けのシミを消すために、美白成分がたっぷり配合された
コスメなどを使い、外側からケアするのが一般的ではありますが、
一度目線を変えて、体の内側からケアしてみてはいかがでしょうか。

 

毎日の食事などから、日焼けのシミを消す効果の期待できる
栄養素を摂取してもいいかもしれません。

 

こちらでは、日焼けのシミを消す効果の期待できる食べ物や
含有している成分、そしてより効果を実感出来る摂取の仕方
ご紹介したいと思います。

 

 

日焼けのシミを消す効果のある食べ物

 

日焼けのシミを消す 画像

 

日焼けのシミを消す効果のある成分というとビタミン
思い浮かべますが、食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。

 

たとえば、うなぎです。

 

うなぎはコラーゲンをたっぷりと含有していますから、お肌の
ターンオーバーを促進し、日焼けのシミを消す効果が
期待できます。

 

また、野菜ではトマトが含有してるリコピンに日焼けのシミを
消す作用があるそうです。

 

1点注意したいのが、いくらシミに効果を発揮する食べ物と
いっても、一度の食事で大量に食べるのではなく、毎日継続して
食べ続けることです。

 

 

ビタミンで美肌を目指す

 

日焼けのシミを消す 画像

 

昔からビタミンで美肌になるといわれていますが、ビタミンにも
いくつか種類がありますので、日焼けのシミを消すためには
一体どのビタミンを摂取したらいいの?と疑問に思ったことは
ありませんか?

 

そこで各種ビタミンの効果や特徴などを調べてみました。

 

ビタミンCはシミを解消する

 

日焼けのシミを消す 画像

 

 

ビタミンCにはお肌の潤いやみずみずしさを保つ働きがあります。

 

これは肌がしっかりと保湿されることに繋がりますので、シミを
解消する効果が期待できるということなんです。

 

このビタミンCを多く含有しているのはレモンやミカンといった
柑橘類やさつまいも、キャベツといった野菜です。

 

しかしビタミンCには体の中に長時間留まっていることが出来ない
という欠点があります。

 

すぐに体外へ排出されてしまいますので、毎日継続して摂取
していきましょう。

 

ビタミンAが日焼けのシミを消す

 

日焼けのシミを消す 画像

 

シミは肌のターンオーバーが、肌の奥で過剰に生成されてしまった
メラニン色素の生成に追いつかず、肌に沈着してしまったものです。

 

このメラニン色素が肌に沈着するのを予防する働きがあるのが
ビタミンAなんです。

 

更にビタミンAは日焼けしにくい、健康的な肌にも導いてくれます。

 

ビタミンAを多く含有している食べ物はにんじん・卵・パプリカ・
牛乳です。

 

そのまま摂取しても良いのですが、ビタミンAは油と一緒に一旦
火を通すことで、体の中での吸収率がアップしますので、生では
なく、なんらかの調理をしてから摂取しましょう。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

美肌のために日焼けのシミを消すに効果の期待出来る飲み物飲んでみる

日焼けのシミを消す 画像

 

お肌の悩みといえば、やはりシミがあげられると思います。

 

顔にシミがあるだけで暗い印象や老けた印象を与えてしまいます。

 

できれば今あるシミを消したり、これから出来てしまう恐れの
あるシミを予防したいとお考えの方は多いのではないでしょうか。

 

日焼けのシミを消すためのコスメはさまざまな種類が販売されて
いますから、試したことのある方もいらっしゃるかと思いますが、
体の内側から日焼けのシミを消す方法もあるんです。

 

お肌はわたしたちの体の一部ですから、毎日の食事や飲み物
といった食生活の影響を受けます。

 

日焼けのシミを消す食べ物というと、調理などしなくてはいけない
場合もあり、少しハードルが上がってしまうという方も、
飲み物では気軽にチャレンジできるのではないでしょうか。

 

こちらでは、日焼けのシミを消す効果の期待出来る飲み物、
含有している成分などをご紹介していきます。

 

シミの予防や改善をお考えの方は参考にしてください。

 

 

緑茶

 

日焼けのシミを消す 画像

 

緑茶は日焼けのシミを消す効果が期待できる
ポリフェノールを含有しています。

 

また、シミ解消だけでなく、お肌を整えてくれる
ビタミンCも含有しています。

 

 

アセロラ

 

日焼けのシミを消す 画像

 

アセロラが含有しているのは、アセロラポリフェノールと
いうポリフェノールの一種です。

 

このアセロラポリフェノールには、メラニン色素の生成を
抑えたり、シミを解消する効果が期待できます。

 

この他にもケルセチンやアントシアニンといった目に
働きかける成分も含有しています。

 

アセロラはそれ自体を食べるというよりも、ジュースが
コンビニやドラッグストアに売っていますので、
手軽に試すことが可能です。

 

 

コーヒー

 

日焼けのシミを消す 画像

 

コーヒーというと、飲み過ぎはお肌に良くないという
印象がありますが、近年ではコーヒーの持つ健康作用
に注目が集まっています。

 

健康作用の一例としては血圧や血糖値といった生活習慣病、
そしてガンの予防などです。

 

今回気になっていた日焼けのシミを消す効果に関しては
高い抗酸化力を持ったポリフェノールを含有しているので、
お肌のターンオーバーを改善してくれます。

 

研究によれば、毎日250mg以上のコーヒーを飲んでいる人は
飲んでいない人に比べてシミが少ないという結果もでています。

 

コーヒーはインスタントコーヒーでも全く問題ありませんので、
気軽に1日二杯程度のコーヒーを飲んでみましょう。

 

 

ローズヒップ

 

日焼けのシミを消す 画像

 

ローズヒップが含有してるのは、熱に強いビタミンCです。

 

手軽に摂取するためには、ローズヒップティーなどが
おすすめです。

 

 

上記でご紹介した以外にも、ぶどうジュースやアップルティーなど
にも日焼けのシミを消す効果があります。

 

日焼けのシミを消す効果のある栄養素は長く体内に留まっては
くれませんから、こういった手軽に摂取できる飲み物から
定期的に補給していきましょう。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

日焼けのシミを消す効果の期待できる医薬品

 

日焼けのシミを消す 画像

 

最近では男女問わず、シミの悩みを抱えている人が増えています。

 

老けた印象を与えてしまうシミをなんとか予防・解消したいと
誰もが思っているはずです。

 

日焼けのシミを消すというと、化粧水やパックといった化粧品で
皮膚の外側からケアするのが一般的ですが、シミは内側から
ケアすることも出来るんです。

 

体の内側からシミをケアするときに用いられるのが、食べ物や
飲み物なのですが、それにプラスして市販されているサプリメント
などを摂取することも効果的です。

 

体の内側と外側から、そして毎日の食事にサプリメントを
加えることで、お肌のターンオーバーを改善し、シミを
解消することが可能になります。

 

こちらでは、数多く販売されている日焼けのシミを消すための
商品ををご紹介したいと思いますので、商品選びの参考に
してみてください。

 

 

アインズ&トルペのロスミンローヤル

 

日焼けのシミを消す 画像

 

日焼けのシミを解消する商品というとサプリメントが多く
販売されていますが、ロスミンローヤルは効果効能が
国によって認められた女性用保健薬、つまり医薬品です。

 

日焼けのシミを消すために多くのビタミン類を配合し、
更に9種類もの生薬を配合したことで、体の巡りを向上させ、
体内の水分バランスを整えることでむくみを解消し、
落ちてしまった基礎代謝をアップする作用があります。

 

体のめぐりを改善したり、基礎代謝があがるということは
肌のターンオーバーが促進されますので、肌荒れやシワ、
冷えなどを改善していきます。

 

これまで試した方の多くが、約1ヶ月程度飲み続けることで
その効果を実感しているようで、メディアなどでも取り上げ
られることが多い商品ですが、ロスミンローヤルは市販品で
はなく、通販のみの販売です。

 

ロスミンローヤルは医薬品になりますので、現在通院中の方や
妊婦さんは使用前に必ずかかりつけ医に相談してください。

 

また、沢山飲むことで思わぬ副作用などがあらわれる心配が
ありますので、必ず用法用量は守りましょう。

 

ロスミンローヤルの口コミを見てみると
シミがなくなっただけじゃなく、シミができなくなった!
シミと一緒にシワも消えてくれた!
実年齢よりも若く見られるようになった!

 

など、これまでの悩みを払しょくされた方々の喜びの声が
沢山寄せられていました。

 

ロスミンローヤルは通販限定ということで、大手通販サイト
でも取扱いがあるようですが、定期的に飲み続けることを
考えると公式サイトから注文すれば、定期コースを利用
することができますので、最安値で購入できますよ。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

日焼けのシミを消すために皮膚科を受診する

日焼けのシミを消す 画像

 

シミは年齢とともにどんどん増えてしまいますし、
顔全体がくすんで見えることもあって、年齢よりも
老けてみられてショックだった…という方も
いらっしゃると思います。

 

シミはなにもケアをしなければ、どんどん濃くなって
しまいますので、もう自分ではどうにもならなくなった
という時に初めて皮膚科へ行く方も珍しくありません。

 

皮膚科では薬を処方してもらたり、レーザー治療を
受けることが出来ますが、皮膚科の専門医は
シミが酷くなってから受診するよりも、シミがあらわれた
早期に皮膚科を受診することで、シミを薄くすると
同時に、シミを予防することが可能なんです。

 

シミのケア方法は沢山ありますが、あまりにも自己判断で
ケアを続けてしまうと、皮膚に負担がかかってしまい、
思わぬ異変が肌にあらわれるかもしれません。

 

そうなってしまうと、シミがなかなか消えなどころか、
コストまで増えてしまいます。

 

シミのために皮膚科を受診するというのは少し大げさだと
思われるかもしれませんが、これからご紹介する皮膚科で
日焼けのシミを消す治療シミの予防をするメリットなどを
きけば、一度は受診してみようと思われるのではないでしょうか。

 

 

予防も治療もできるハイドロキノン

 

日焼けのシミを消す 画像

 

皮膚科で処方してくれるのは、シミに効果が高い成分、
ハイドロキノンを高い濃度で配合したクリームです。

 

シミは皮膚の中の表皮、その最下層にあるメラノサイトで
メラニン色素が生成されることであらわれます。

 

通常であれば、メラニン色素はターンオーバーの周期で
体外へ排出されるのですが、紫外線を過剰に浴びてしまったり
した時には沢山のメラニン色素が生成されます。

 

するとお肌のターンオーバーがメラニン色素の生成に
追いつくことが出来ずに、皮膚に沈着してしまうんです。

 

これがシミです。

 

つまり、過剰にメラニン色素が生成されず、ターンオーバーも
正常であればシミはあらわれないということです。

 

ハイドロキノンには、メラニン色素が生成される時に使われる
酵素の動きを抑制し、生成されるメラニン色素の量を大幅に
減らす働きがあるんです。

 

この働きはハイドロキノンが持っている高い還元作用にあります。

 

ハイドロキノンはもともと、写真をネガから現像する際に
使用されていたもので、現像作業者の手が大変白いことから
ハイドロキノンの美白作用が注目されました。

 

つまり、ハイドロキノンには日焼けのシミを消す高い効果が
期待できるということです。

 

ハイドロキノンの還元作用とは、今あるシミのメラニン色素を
還元するというものなので、シミの予防よりもシミの解消
に使用される治療薬です。

 

あくまでも処方薬になりますので、家族が使っていたり
友達が使っているハイドロキノン配合のクリームを勝手に
使用するということはやめてください。

 

皮膚科で処方された際も、稀にアレルギーを発症する方が
いらっしゃいますので、パッチテストが必要です。

 

ハイドロキノンは今あるシミに対しての治療薬ですから、
予防の意味で処方してくれる皮膚科は少ないと思います。

 

しかし、事情を説明すれば処方してくれる皮膚科もあるかも
しれません。

 

 

ハイドロキノンは日焼けのシミを消す大変効果的なもの
ですが、シミを解消するためには日々の紫外線対策や
食生活、生活習慣の見直しも重要です。

 

それは、体を健康に保つことこそ、美肌への第一歩
つながるからです。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

日焼けのシミを消すためのケアとその効果

 

日焼けのシミを消す 画像

 

年齢を重ねると顔にはシミ・くすみ・シワなどがどうしても
あらわれてしまいます。

 

しかし、実年齢よりも若く見られたい!と誰もが思いますから、
なにか良いケア方法はないかと模索する日々が続きます。

 

メディアなどでもシミ対策などが度々紹介されていますが、
必ず誰でも効果を実感できるというものでもないため、
一体自分にはどんなケア方法が合っているのかと見つけるまでに
かなりの時間を要してしまうこともあります。

 

また、まだ若いからといってシミ対策をなにもしていない
という方も、これからのことを考えて日焼けのシミを消すために
なんらかの対策をとっておくことをおすすめします。

 

今回ご紹介するのは、つい目がいきがちな外側からの
シミ対策だけではなく、体の内側からのアプローチにも
注目してみたいと思います。

 

年齢を問わず、簡単にできるケアばかりですので、是非
チャレンジしてみてください。

 

 

内側からのケア

 

医薬品

 

日焼けのシミを消す 画像

 

医薬品でシミのケアをする場合、その効果が確かに実証
されているものですので、信頼がもてます。

 

クリームなどの塗り薬が主流になっていますが、中には
シミだけでなく、シワなどにも効果を発揮するドリンクタイプ
の医薬品も販売されていますので、ご自分の悩みに合わせて
選んでみましょう。

 

サプリメント

 

日焼けのシミを消す 画像

 

日頃の食生活の中に取り入れることの出来る食べ物や飲み物
の中にも日焼けのシミを消す効果が期待できるものがあります。

 

その多くが果物や野菜が含有しているのですが、シミに効果を
発揮するほどの量を食事から摂取するのは大変難しいのが
現状です。

 

そこで注目されているのがサプリメントです。

 

日焼けのシミを消す効果が高いとされるビタミン類を多く配合
しているものが薬局やドラッグストアなどで販売されています
ので、一度試してみましょう。

 

 

日焼けのシミを消す対策としては、やはり外側からだけで
なく、内側からも同時にケアするとより効果を実感できます。

 

シミが出来てしまった皮膚はわたしたちの体の一部分です。

 

摂取した栄養素の働きがあらわれる部分になりますから、
内側から徐々にケアしていくことで、肌だけでなく、体全体
を健康にすることが可能になります。

 

 

外側からのケア

 

保湿

 

日焼けのシミを消す 画像

 

シミと保湿は関係ないと思われるかもしれませんが、
肌が乾燥してしまうということは、肌のターンオーバーが
乱れてきているサインになりますので、しっかりと保湿
することで、さまざまなトラブルを回避することができます。

 

紫外線

 

日焼けのシミを消す 画像

 

シミといったら、やはり紫外線でしょう。

 

日焼けのシミを消すことを考えたら、紫外線対策は必須になります。

 

肌は紫外線に晒されることで、表皮の一番奥にあるメラノサイトで
メラニン色素が生成します。

 

通常であれば肌のターンオーバーと共にメラニン色素は体外へ排出
されるのですが、メラニン色素が過剰に生成されてしまったり、
肌のターンオーバーが乱れてしまうとメラニン色素は肌に沈着し
シミになってしまいます。

 

このことからも、シミを予防するためにはメラニン色素を過剰に
生成しなければいいことがわかります。

 

日焼けのシミを消す 画像

 

つまり、日焼けのシミを消すためにも紫外線対策が大変重要
だということです。

 

紫外線を全く浴びない…というのは難しいかもしれませんが、
日傘や帽子、手袋や日焼け止めなどを使って出来る限り
肌が紫外線の影響を受けない環境をつくりましょう。

 

日焼け止めを選ぶ際には効果の強弱があります。

 

強ければいいのでは?と思われるかもしれませんが、あまり
紫外線が強くない季節に強い日焼け止めを使ってしまうと、
その分肌への負担がかかりますので、季節に合わせて日焼け止め
も使い分けたほうがよいでしょう。